2015年09月11日

一気読み

CIMG1131.JPG

私は、テレビや新聞で紹介されて面白そうと思った本をネットで図書館にリクエストしています。

読み始めた本は基本、つまらなくても最後まで読むのですが、最近借りた『「いつものパン」があなたを殺す』と、何度も借り直してる『ぼくには数字が風景に見える』は、なかなかはかどりません。

そうこうしているうちに、『リクエストの本が用意できました』とメールが来たので、どちらも半分しか読んでいませんでしたが、読書の集中力が落ちたのかなぁ、と落ち込みながら返却しました。

で、一昨日、新しい本を2冊借りてきて、昨日から中脇初枝さんの『世界の果てのこどもたち』を読み始めました。

序盤は入りづらかったのですが、中盤から止まらなくなり、今朝4時まで読んで、残りわずかのところで眠気に負けてしまいましたが、今日の午前中に号泣しながら読み終わりました。

そして夕方から、池井戸潤さんの『民王』を読み始め、3分の2くらい読みました。
ドラマ『民王』の遠藤憲一さんや菅田将暉さんや高橋一生さんの演技も面白いし、原作も面白い!

面白い本は一気に読めて、やっぱり読書って楽しい〜。

<夕方、久しぶりに広場をお散歩できて楽しかった〜。 by ジュライ>

ニックネーム masaco at 23:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする