2017年07月04日

『ひよっこ』

CIMG9230.JPG

NHKの朝ドラは、毎クール1話目から見て、途中で挫折して、今まで最後まで見たのは、『カーネーション』と『あまちゃん』と 『あさが来た』ですが、現在放送中の『ひよっこ』も見ています。

茨城弁にちょっと違和感を感じますが、宗男さんの茨城弁は、『こんな人、いるいる〜。』と思います。
『ひよっこ』には、意地悪な人が出て来ないので、安心して見ていられて好きです。

現在、新入社員の長男は工場実習中で、現場のオジサンの言葉を、茨城弁ネイティブの長男はほぼ理解できますが、全国あちこちから来ている同期に『わかった?』と聞いたら、『4割くらい。』だそうで、『そうじゃあんめよ〜。』(そうじゃないよ)とか言われると、怒られてるのかと感じるんだとか・・・(笑)

若い頃は、茨城弁は訛っていてカッコ悪いと思いましたが、今は、茨城弁を話す人が減ってきたから、宗男さんのような茨城弁を聞くと、いいなぁと思います。

いしけい、ごじゃっぺ、いじやける、あおなじみ、かっぽる、つっぱいる・・・忘れないでおこう。

<ぼくは毎日、兄ちゃんにいじやけて(頭にきて)います。 by ジュライ>

ニックネーム masaco at 23:44| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
茨城弁はイントネーションがね、怒っているように聞こえるんだよね。更に声が大きいと 茨城育ちの私でもドキドキするものあせあせ(飛び散る汗)
宗男さんのような茨城弁希望です!

Posted by ちーべ at 2017年07月05日 21:55
ちーべちゃん、こんばんは。
そうなんだよね〜。
私も先日、茨城弁のオバチャン同士の会話がケンカに聞こえました(^^;)
宗男さんの茨城弁は、なんかいいね。
Posted by masaco at 2017年07月05日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字